hiace_006

ハイエース LH129Vのスペック

ディーゼルエンジン|4WD|2800cc|スーパーロングボディ|ハイルーフ
エンジン型式 : 3L

ハイエースの型式LH129Vを実際に査定した例をまとめています。LH129Vもアツいハイエースです。 四輪駆動のディーゼルエンジン!1996年8月から1998年7月まで生産されていたモデルです。 エンジンサイズは2800ccでエンジン型式は3Lの直列4気筒SOHCです。3Lエンジンはハイエースのエンジンでも人気のエンジンです。スーパーロングボディでハイルーフでディーゼル車。基本グレードはDX(デラックスと読みます)GLパッケージやルートバンなどのグレードがあります。シートは2列6人乗りです。

ハイエースバンはほとんどそうですが、これも基本色は白、オプションでライトグリーンメタリック、ダークブルー、ダークティールグリーンマイカ、アクアシルバートーニング、スプレンダーブルートーニングなどが選べます。

ハイエース LH129Vの査定事例

2022年5月16日: 本日査定してきたハイエースは平成9年12月登録のKC-LH129Vです。こちらはハイルーフの4WDの型式になります。海外でも人気の型式です。今回はキャンピング登録車で、荷室にはキャンピング登録に必要なベット、シンク、コンロが設置されている車両になります。走行距離は約24万キロで色は白でオートマです。車両の状態としては、ボディ下部に腐食による穴が数か所空いていたり、下廻りに関してはフレームに錆が全体的にあり、大きく減点となりました。エンジンは正常で特に走行面では問題無い車両でしたので、可能な限り頑張らせて頂きました!

こちらのハイエースバンは29万円で査定させて頂きました!

2022年4月7日: 本日査定してきたハイエースは平成7年10月登録のKC-LH129Vです。走行距離は約12.8万キロで、グレードはDXになります。シフトはマニュアル5速で色は白の4ドアになります。今回の車両は沿岸部で使用されていたので、ボディの錆や腐食が多数あり、窓縁には穴が空いてる箇所が数か所ありました。車内は天張りが剥がれ落ち、荷台は汚れ傷が多く、車内臭もありました。通常、廃車になる車両ですが、ハイエースは違います。どんな状態でも不動車でも買取が可能です。今回はエンジンは問題無い車両でしたので高評価しました!

こちらのハイエースバンは25万円で査定させて頂きました!

2022年3月10日: 本日査定してきたハイエースは平成9年6月登録のKC-LH129Vです。こちらは4WDのディーゼルでハイルーフの型式になります。エンジンが3Lなので海外でも人気がある型式ですね。走行距離は約16.8万キロ。シフトはマニュアル5速です。北海道で使用しており、ボディの下部や窓縁、下廻りに錆や腐食が多数ありました。錆はどうしても雪国では避けられない問題ですね。それと重要なのは車体番号が錆で見えなくなるとパーツ取りの価格になってしまいます。今回の車両は問題はなく、エンジンも良好でしたので精一杯評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは30万円で査定させて頂きました!

2022年2月9日: 本日査定してきたハイエースは平成8年12月登録のKC-LH129Vです。今回の車両の特徴は4WDのディーゼルでハイルーフになります。走行距離は24万キロ。シフトはマニュアルです。4WD車は使用している場所により、下廻りの状態が変わってきます。今回は北海道で長年使用されていた車両でしたので、下廻りとボディに錆腐食が多く見られました。国内では廃車になるレベルですが、海外の方ではパーツだけでも価値がありますので、どんな状態でも廃車にするのは勿体ないです。今回は海外で人気のマニュアル車という事もあり、エンジンは絶好調でしたので、しっかりと評価させて頂きました。こちらのハイエースバンは26万円で査定させて頂きました!

2022年1月19日: 本日査定してきたハイエースは平成7年6月登録のU-LH129V改です。今回のハイエースバンは福祉車両登録車です。走行距離は約10.8キロでオートマになります。LH129Vはハイルーフ車なので福祉車両登録が割と多い型式になります。今回は東北地方で使用していた車両で、塩カルで下廻りは錆が目立ち、ステップ廻りには腐食穴も見つかり、国内では廃車になるレベルでしたが、海外輸出ならどんな状態でも買取致しますのでお任せください!

こちらのハイエースバンは20万円で査定させて頂きました!

2021年12月13日: 本日査定してきたハイエースは平成9年11月のKC-LH129Vです。走行距離は12.5キロの色は白です。グレードとしてはウェルキャブ(身体障害者輸送車)で4WDになります。今回の車両の査定ポイントとしては下廻りのサビですが、4WDは悪路や雪道が多い場所で活躍している車両が多いので、下廻りの錆は重要な査定ポイントとなります。ボディは目立つ凹み傷はありませんでしたが、下廻りのフレームはやはり錆が目立ち減点の対象になりました。エンジンは問題なくエアコンも効いておりましたので出来る限り評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは33万円で査定させて頂きました!

2021年11月9日: 本日査定してきたのは平成9年5月のハイエース。型式はKC-LH129V。福祉車両としても登録が多い車両です。ハイルーフの4WDになります。
こちらのハイエースの走行距離は18.5キロで色は白。
この車両の査定ポイントは下廻りサビ。4WDということもあり北海道、東北地方で使用さてる事が多い車両なので、どうしても下廻りのサビは避けられません。
今回の車両も下廻り、ドア縁、窓縁にサビが浮き出ておりましたが、エンジンの具合は問題なしという事で精一杯頑張りました。

こちらのハイエースバンは28万円で査定させて頂きました!


2017年10月に査定させていただいた平成6年(1995年)のハイエースLH129V。片側スライドドア、5速マニュアル車で走行距離は約8.2万キロ!これは低走行と思ったんですが、走行距離照会したらメーター改ざん車でした。お客様は中古店で買ったから騙されたかもとおっしゃっていました。中古車買うときは気をつけてくださいねー。それでもエンジンの状態やボディ、内外装の状態も良かったので55万円付けました!


次は同じく2017年10月に査定したLH129V。平生4年式です。グレードはDX、走行距離24万6千km。これはオートマだったので23万円をご提示させていただきました。残念ながら売却するのを止められたそうです。


2017年10月に査定させていただいた平成8年式(1996年)のLH129Vです。ハイルーフ、スーパーロングでグレードはDX。事故歴ありで走行距離は約30万キロ。この車もオートマ車だったので査定額が低くなってしまいました。内装・外装もあまり良くないというか年式相応です。仕事で20年以上毎日使っていればこのくらいだよね。という感じ。こちらの査定金額は21万円でした。弊社の査定額にしては低いですが、オートマなので仕方ないんです。型式よってオートマでも査定が高いハイエースもあるんですが、LH129Vはオートマの値段が安くなる傾向になります。

kaitoribanner

※このページでは弊社が査定した金額を一部紹介しています。最初にお断りしておきますがここに掲載しているハイエースのすべてを買い取ったわけではありません(残念ながら他社に金額で負けてしまい買えなかったものも含まれます)。また買取金額を保証するものでもありません。実車の外装、内装の状態、エンジンの状態、装備なども異なるので同じ車種でも値段にばらつきがあることをご理解ください。