ハイエース型式KR-KDH205Kの買取相場についてまとめています。KDH205Kのボディ幅は標準サイズでフルタイム4WDのハイルーフタイプのハイエースになります。直列4気筒DOHCのディーゼルターボエンジンでエンジン型式は「2KD-FTV」。KR-KDH205KとKR-KDH205Vとの違いはハイルーフタイプ(KR-KDH205K)か標準ルーフ(KR-KDH205V)の違いになります。ルーフ以外はすべて同じです。生産開始は2004年8月(平成16年)です。この時期に200系ハイエースバンへとフルモデルチェンジして2007年(平成19年)まで生産しております。車両の特徴としては、ハイルーフ車で車内空間が広いので車いす移動車、福祉車両として登録が多いです。また、このハイエースは4ドアで統一されております。

ハイエースKDH205Kスペック

ハイエースバン
型式:KR-KDH205K
排気量:2500 CC
長さ:ロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料:ディーゼル
駆動方式:4WD

ハイエースKDH205Kの査定事例

2022年4月27日:本日査定してきたハイエースバンは平成19年6月登録のKR-KDH205K改です。今回はエンジンが不動な現状車になります。走行距離は約25万キロでディーゼルのオートマです。急に何らかの原因でエンジンがかからなくなってしまったとのことでした。原因不明ですね。ボディは比較的綺麗で、内装も大きなダメージは無かったですね。このようにエンジンが不動な車両でも海外では部品取り車としても価値があります。壊れていても動かなくても値が付くのは正直、査定員の私でも驚くばかりです。

こちらのハイエースバンは28万円で査定させて頂きました!

2022年4月1日:本日査定してきたハイエースバンは平成18年2月登録のKR-KDH205K改です。今回は福祉車両の査定で、走行距離は約8万キロで色は白になります。福祉車両は海外ではあまり需要がないので、輸出する場合は車いすの昇降機を取り外して座席を追加したり、逆に座席を取り外してバンとして利用したりもします。いずれにしても、この型式はエンジンに価値がありますので、高価買取が可能です!今回は外装、内装の状態も良く、エンジンも調子が良かったので高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは65万円で査定させて頂きました!

2022年3月2日:本日査定してきたハイエースバンは平成17年8月登録のKR-KDH205K改です。今回は一般企業様の営業車の査定です。走行距離は28.9万キロ走っておりました。色は白でシフトはオートマになります。下廻りには錆が多く、一部腐食している箇所もあったので減点になりました。その他にもシートの破れ、フロアカーペットの破れ、天張りの黄ばみも目立ち、内装評価点は最低ランクになりました。ボディの方も左右に目立つキズ凹み、ステップの腐食穴もあり、総合的に厳しい査定評価となりましたが、こちらの型式はディーゼルの4WDなので海外で大人気があります。状態が悪くても不動車でも廃車費用がかかる事は一切ない車両です。今回は走行する上では全く問題ない車両でしたので可能な限り評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは26万円で査定させて頂きました!

2022年2月2日:本日査定してきたハイエースバンは平成17年2月登録のKR-KDH205K改です。この型式はほぼ福祉車両登録になるので一般車としては出回らない型式ですね。走行距離は26.8キロで4WDのオートマになります。荷室には車いすの昇降機が備え付けてあり、乗車定員は10人乗りになります。査定のポイントは基本的には一般車と変わらないですが、福祉車両なので車内の状態は重要ポイントになりますね。実は海外では福祉車両として利用されず、昇降機は車から降ろして替わりに席を増やして利用します。席を追加する分、福祉車両の査定は通常車両よりも少し値が落ちますが、エンジンの価値が高いので高評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは30万円で査定させて頂きました!

2021年12月21日:本日査定してきたハイエースは平成18年11月登録のKR-KDH205K改です。今回の車両は4WDでハイルーフのウェルキャブ(福祉車両)になります。荷室には車いすの昇降機が装備され、9人乗り登録車となっておりました。走行距離は約37.4万キロで一般的に過走行車となりますね。定期的にメンテナンスを行っていたということでエンジンは問題なかったのですが、ボディの傷凹みや、下廻りの錆、腐食穴があって査定評価としては減点の対象となります。腐食による穴が目立つ場合は海外でも敬遠されてしまうので、事故現状車よりも査定額に影響がでる場合もあります。

こちらのハイエースバンは24万円で査定させて頂きました!

2021年11月12日:本日査定したのは平成17年9月登録のハイエースバン型式KR-KDH205Kです。4WDのハイルーフになります。こちらの車両の特徴は、車いす移動車、福祉車両として登録が多いため、一般的にはあまり出回らない車両です。4WD車は悪路や豪雪地帯などで、ぬかるみにハマった場合でも抜け出せるパワーも備えております。そのため、都心よりも地方で活躍している場合が多いのも特徴のひとつです。

今回の車両は走行距離は約23.8万キロのオートマチック車。車いす移動車として登録されている車両になります。車いす移動車は荷室の車いすの昇降機が備え付けてありますので、動作確認や傷や割れなどないか安全面に特に問題ないか細かくチェックしていきます。また、4WDは特に豪雪地帯で使用されている事も多く、どうしても下廻りは融雪剤などで錆びてしまいますので、査定としては下廻りも重要な確認ポイントです。今回の車両はサビも故障もなく、コンディションも良かったので高評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは45万円で査定させて頂きました!