ハイエース型式TRH226Kの買取相場についてまとめています。ボディ幅はワイド、長さはスーパーロング、ルーフ(高さ)はハイルーフのフルタイム4WDのガソリン車です。エンジン排気量は2700cc、エンジン型式は2TR-FE、エンジン種類は水冷直列4気筒DOHCになります。TRH216Kとは長さと高さ(ルーフ)の違いだけになり、2005年(平成17年)~2019年(令和1年)まで生産しております。グレードはDX、DX-GLパッケージがありますが、TRH226Kはキャンピング車としての登録が圧倒的に多い車両です。また、姉妹車としてレジアスエースバンがありますが、トヨペットではハイエースバン、ネッツ店ではレジアスエースバンと販売店の違いで車名のみが変わります。

ハイエースTRH226Kスペック

ハイエースバン
型式:TRH226K
排気量:2700 CC
幅:ワイド
長さ:スーパーロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料:ガソリン
駆動方式:FULL4WD

ハイエースTRH226Kの査定事例

2022年6月8日:本日査定してきたハイエースバンは平成19年10月登録のCBF-TRH226Kです。こちらはワイドでハイルーフのモデルなのでめちゃくちゃ大きい車両です。今回はお仕事で使用されている車両という事でしたが、すごく綺麗に使用されており、多少の傷汚れはありますが、全体的にはかなり状態の良いハイエースでした。まだ走行距離も5万5千キロなので国内でもすぐに買い手が見つかる車両ですね。装備も社外ナビやバックモニター、フルセグTV、ETCと充実もしていて、ボディも比較的綺麗でした。ただ、リアバンパーだけぶつけた跡があり減点となりましたが、バンパーは大きな減額にはならないので総合的に高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは108万円で査定させて頂きました!

2022年5月20日:本日査定してきたハイエースバンは平成23年3月登録のCBF-TRH226Kです。今回の車両はキャンピング車の査定です。海外でも大人気ですが、キャンピング車の査定は非常に難しく、査定難易度は高めです。ある程度は相場はありますが、オーナー様によって使用感などは様々ですので、臭いなど車内の評価はかなり重要になります。。今回の走行距離は約8.4万キロで白ツートンカラーです。ボディの状態は非常に綺麗で小キズ擦り傷程度の極上車でした。ただ、下廻りの錆がでておりましたので減点となりました。車内も非常に清潔感があり好印象を受けました。エンジンも不具合なく、キャンピング内容も充実していたので、総合的に高評価をさせて頂きました!

こちらのハイエースバンは175万円で査定させて頂きました!

2022年4月11日:本日査定してきたハイエースバンは平成21年9月登録のCBF-TRH226Kです。走行距離は約6.5万キロでグレードはDX-GLパッケージになります。車体色は白から茶色系に色替えをしており、荷室は自作のベットキットやシートカバーなど、ライトカスタムされた車両でした。ボディは両サイドのドアの下部に目立つ線傷がありましたが、それ以外は綺麗な車両で、車内も比較的綺麗に乗られておりました。マイナス面としては、下廻りのサビ、リアパネルの歪み、荷室の加工穴があり減点となりましたが、海外では人気の型式ですので、精一杯頑張らせて頂きました!

こちらのハイエースバンは132万円で査定させて頂きました!

2022年3月15日:本日査定してきたハイエースバンは平成17年4月登録のCBF-TRH226Kです。走行距離は約13.5万キロでグレードはDXになります。法人ワンオーナー様で、整備、車検はすべてトヨタのディーラーに任せてあるとのことでした。ボディはサイドに凹み傷が数箇所あり、車内は荷室のキズ汚れ、運転席はヘタリとシミがありましたが、査定額には大きく影響しないレベルでしたね。マイナス面としては、下廻りの錆が数カ所あったのと、リアパネルに歪みがありました。リアパネルのヒズミは程度によっては事故歴車になりますが、今回は軽度のヒズミで事故歴は免れましたが、海外へ輸出であれば事故歴でも大きな減額にはなりません。総合的に調子が良い車両でしたので高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは68万円で査定させて頂きました!

2022年2月16日:本日査定してきたハイエースバンは平成23年10月登録のCBF-TRH226Kです。走行距離は10.8万キロでグレードはDX-GLパッケージになります。色は白でオートマです。今回の車両の特徴はワイドのハイルーフなのでめちゃくちゃでかい車両ですね。お引越しもこの一台でできてしまう広さ。もちろん海外でも大人気です。車両の状態ですが、今回は目立つ凹み傷は無くきれいな車両でした!バンパーに小キズ、擦り傷程度でボディの状態は良かったです。荷室の方に目立つ傷、板割れがあり、そこは減点となりましたが、エンジンの具合は抜群に良く、装備も充実していたので、総合的に高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは158万円で査定させて頂きました!

2022年1月21日:本日査定してきたハイエースバンは平成17年2月登録のCBF-TRH226Kです。走行距離は約24万キロで、オートマになります。今回の車両はワイドボディのハイルーフ車ということで、ハイエースの中で最も大きいサイズになります。このTRH226Kはキャンピング車や福祉車両が多い型式ですが、今回はお仕事で使用されている車両でした。荷室の床には板張りが施してあり、使い勝手が良いように工夫されておりました。特にマイナスにもプラスにもなりませんが、状態が悪ければマイナスになる事もあります。ボディは距離相応で全体的に傷凹みがあり、大きなダメージはありませんでしたが、下廻りの錆と腐食穴が見つかり減点評価となりました。腐食穴は修復が難しいので海外でも評価は下がりますが、どんなに腐食穴があってもハイエースは廃車になる事はありません!

こちらのハイエースバンは30万円で査定させて頂きました!

2021年12月22日:本日査定してきたハイエースバンは平成24年3月登録のCBF-TRH226Kです。今回は幼児バス登録の車両ということで査定してきました。走行距離は約13.5万キロで色はクリームのAT(オートマ)になります。乗車定員は大人6名、幼児20名の登録で、社外ナビやバックモニターも装備され良好な車両でした。お子様の送迎バスですから綺麗に使用していたということだと思います。多少の細かい擦り傷はありましたが、車内も綺麗で全体的に印象が良い車両だったので今回も精一杯査定評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは75万円で査定させて頂きました!

2021年11月30日:本日査定してきたハイエースバンは平成21年3月登録のCBF-TRH226Kです。キャンピング登録車の4ドア。走行距離は約12.4万キロで色は白のAT(オートマ)になります。ノースライフ大地のキャンピングKITで、FFヒーターや1500Wインバーター、ソーラーツインバッテリー、2段ベッドが装備され、充実した内容のキャンピング車です。本来の車両の価値に加え、キャンピングKITが装備されるので、キャンピングカーは中古車価格もそれなりの価格となっております。今回の車両はオーナー様が大切に使用されていたので、マイナス面はほぼなく、全体的に綺麗なお車でしたので精一杯評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは225万円で査定させて頂きました!