ハイエース型式LH109Vの買取相場・査定事例についてまとめています。ボディの幅、長さ及びルーフは標準サイズでエンジン排気量は2800cc、エンジン型式3L、水冷直列4気筒OHCの4WDディーゼル車になります。長さが標準サイズのハイエースはロング、スーパーロングと区別するために「ショートボディ」とも呼ばれます。LH119Vとは長さが標準かロングの違いだけになり、1990年(平成2年)頃から1998年(平成10年)頃までマイナーチャンジを繰り返し生産されたモデルで、グレードはDX、GLのみで全てシフトがMT(マニュアル)の設定になります。

ハイエースLH109Vスペック

ハイエースバン
型式:LH109V
排気量:2800 CC
幅:標準
長さ:標準
ルーフ:標準ルーフ
燃料:ディーゼル
駆動方式:4WD

ハイエースLH109Vの査定事例

2022年1月18日:本日査定してきたハイエースバンは平成2年9月登録のU-LH109Vです。走行距離は約6万キロでシフトはMT(マニュアル)になります。グレードはDXで5ドアのタイプです。LH109Vは4WDのショートボディなので全長がロングボディより約30センチ短いモデルになります。今回の車両状態は左右のドアに目立つ凹みキズがあり、塗装のムラもあり綺麗ではありませんでした。下廻りの錆も多く出ており、Rフロアには腐食穴も見つかりました。農作業で近場だけで使用していたので走行距離は伸びていないとのことでしたが、この年式になりますと、6万キロでも20万キロでも正直なところ海外では大して査定金額に差はでません。走行距離よりも重要なのは錆・腐食になりますね。

こちらのハイエースバンは20万円で査定させて頂きました!

2021年12月10日:本日査定してきたハイエースバンは平成9年6月登録のU-LH109Vです。走行距離23.5万キロのMT(マニュアル)です。グレードはDXで5ドアになります。LH109Vは標準(ショート)の4WD車なので、小回りが効く4WDとして人気があります。今回の車両は全体的に錆・腐食があり、Fフロア、Rフロアにも錆穴が見つかりました。錆・腐食は海外でも厳しい評価になりますので、査定額としてはどうしても落ちてしまいますが、それでも人気の型式ですので頑張って査定評価しました。

こちらのハイエースバンは23万円で査定させて頂きました!

2021年12月2日:本日査定してきたハイエースバンは平成5年11月登録のU-LH109Vです。走行距離は21.2万キロのMT(マニュアル)です。グレードはDXで5ドアになります。LH109Vは4WD車なので、悪路や豪雪地などの地域で使用してることが多く、20年以上経った今でも乗られているオーナー様も多くいらっしゃいますが、ほとんどの車両に錆びがあります。今回の車両も窓縁やボディの下部など水が溜まりやすい箇所は茶色く錆びついていました。錆がある車両に注意しなければならないのが車台番号です。車台番号は車体のフレームに刻印されていますが、その車台番号が錆で見えなくなってしまうケースがあります。そうなりますと、部品取りとしての価値しかなくなりますので査定ではかなり重要なポイントになります。今回の車両は問題ありませんでしたので出来る限り高評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは27万円で査定させて頂きました!