ハイエース型式RZH183Kの買取相場・買取事例についてまとめています。RZH183Kのボディ幅は標準、長さはスーパーロング、ルーフはハイルーフになります。エンジンは排気量2400cc、エンジン型式2RZ-E、水冷直列4気筒OHCの2WDのガソリン車です。RZH182Kとはエンジン排気量が2000ccか2400ccの違いだけになり、2010年(平成12年)~2003年(平成15年)頃まで生産されてるモデルです。グレードは、DX、DX-Bパッケージ、DX-GLパッケージ、スーパーGL-Eがあります。RZH183Kはハイルーフなので、バイクのトランポや大型荷物の運搬など幅広く使用できることから人気の高い型式です。

ハイエースRZH183Kスペック

ハイエースバン
型式:RZH183K
排気量:2400 CC
幅:標準
長さ:スーパーロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料:ガソリン
駆動方式:2WD

ハイエースRZH183Kの査定事例

2022年6月13日:本日、査定してきたハイエースは平成14年5月登録のGE-RZH183Kです。こちらの車両はガソリンのハイルーフ車になりますね。海外でも大人気の型式なのでボロボロでも値が付く車両です!走行距離は約18.9万キロでグレードはDXの4ドアですね。今回のオーナー様はお仕事で使用しておりましたが、ボディは小キズ擦り傷程度で目立つようなダメージはなく割りと綺麗に使用していました。車内の方は荷室に汚れ傷が多く、天張りは破れ剥がれ落ちており、内装の評価点は最低ランクになりましたが、エンジンに関しては絶好調で走行には何ら問題がないので総合的に高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは42万円で査定させて頂きました!

2022年5月12日:本日、査定してきたハイエースは平成15年7月登録のGE-RZH183Kです。こちらはハイルーフでガソリンのモデルです。バイクのトランポなどにも使用されてる型式ですが、今回のオーナー様はお仕事で使用しており、右の側面を事故で大きく損傷していました。走行距離は約15.8キロでグレードはDXの4ドアタイプになります。色は白でオートマです。今回の車両は右側のダメージは大きかったのですが、一応、走行出来る車両でしたので、可能な限り頑張らせて頂きました!

こちらのハイエースバンは26万円で査定させて頂きました!

2022年4月15日:本日、査定してきたハイエースは平成14年2月登録のGE-RZH183Kです。シフトはオートマで走行距離は約16.8キロでした。グレードはDXの4ドアになります。色は白でバンパーが黒のタイプですね。今回のオーナー様は主にお仕事で使用しており、荷室には汚れ傷が多数あり、そして100系ハイルーフのモデルなので天張りは大きく剥がれておりました。その他は割りとキレイでしたが、ボディは目立つダメージはなかったのですが、全体的に傷凹みが多数ありました。エンジンに関しては絶好調で、走行面では全く問題ない車両でしたので、総合的に高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは42万円で査定させて頂きました!

2022年3月16日:本日、査定してきたハイエースは平成14年9月登録のGE-RZH183Kです。今回の車両の特徴はハイルーフ車です。お仕事で使用されていた車両で、荷室には汚れやキズが多数あり、天張りに関しては剥がれ落ちて破棄したとの事でした。内装評価点はDランクになりますが、もともと100系ハイルーフの天張りはほとんどの車両にタルミや剥がれが見られるので、査定額にはさほど影響はでませんね。ボディも凹みキズが多数あり、見た目は良くなかったのですが、錆、腐食穴やエンジンに不具合がなかったので可能な限り評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは31万円で査定させて頂きました!

2022年2月17日:本日査定してきたハイエースは平成13年12月登録のGE-RZH183Kです。ガソリンのハイルーフ車ですね。海外でも大人気です。走行距離は12.7万キロで、グレードはスーパーGL-E。色はライトブルーで4ドアタイプになります。バイクのトランポとして使用されていた車両で、荷台には板張り加工され、バイクを固定するフックやバーを取り付けてありました。これらは査定のプラスになる訳ではありませんが、マイナスになる事もありません。天張りは見事に剥がれ落ち、針金で応急処置をされてましたが、内装評価は減点となりました。しかし、海外では人気の型式で走行距離もまだ浅いので総合的に高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは43万円で査定させて頂きました!

2022年1月17日:本日査定してきたハイエースは平成15年7月登録のGE-RZH183Kです。今回は100系ハイルーフのキャンピング車の査定です!走行距離は約15万キロでオートマ。色はLグリーンになります。キャンピングメーカーはビーグル製で充実した内容でした。査定のポイントはやはりキャンピング内容ですね。故障や使用感など状態を査定していきますが、今回は年式の割に綺麗に使用されており、大きな減点は特に無く、内装評価点は良かったのですが、エアコンが故障していたので減点となりました。総合的には良い車両でしたので出来る限り評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは55万円で査定させて頂きました!

2021年12月20日:本日査定してきたハイエースは平成14年12月登録のGE-RZH183Kです。ガソリンのハイルーフ車で走行距離は21.7万キロの色は白でオートマです。グレードはDXになります。お仕事で使用されており、荷室は傷や汚れが目立ち、車内の天張りは剥がれてしまい破棄したとのことでした。100系のハイルーフ車はどの車も天張りが剥がれてしまう現象が起きるので致し方ない箇所です。ボディの方はサイドに傷凹みが目立ち、フロント修復歴も見つかりました。査定評価点としては、事故・修復歴車となりますが、この型式は海外ではあまり査定額に影響はないので、出来る限り精一杯の査定評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは38万円で査定させて頂きました!

2021年12月3日:本日査定してきたハイエースは平成15年7月登録のGE-RZH183Kです。走行距離20.5万キロ、色は白で4ドアのオートマです。グレードはDX-GLパッケージになります。今回のRZH183Kはバイクのトランポとして使用されており、荷台はフローリング加工と簡易的なベッドも装備され、キャンピングとしても利用できるよう工夫されておりました。ルーフの内張りは剥がれや破れが目立ち内装評価は低いランクでしたが、ボディの目立つダメージやエンジンの不具合はなく、コンディションは良かったので高評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは45万円で査定させて頂きました!