ハイエース型式LH125Bの買取相場・買取事例についてまとめていますLH125Bのボディ幅は標準、長さはスーパーロング、ルーフはハイルーフになります。エンジンは排気量2800cc、エンジン3L、直列4気筒SOHCの2WDのディーゼル車です。LH125Bはハイエースコミューターという車名で、ハイエースのマイクロバスとして生産されたモデルです。15人乗りで普通免許では運転できない車両になります。LH125Bは1990年(平成2年)~1998年(平成10年)頃まで生産しており、シフトは全てMT(マニュアル)の設定のみになります。

ハイエースコミューターLH125Bスペック

ハイエースコミューター
型式:LH125B
排気量:2800 CC
幅:標準
長さ:スーパーロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料:軽油
駆動方式:2WD

ハイエースLH125Bの査定事例

2022年6月14日:本日、査定してきたハイエースは平成10年6月登録のU-LH125Bです。今回は『幼児バス』の査定です。走行距離は約30万キロでシフトはマニュアル5速です。幼児バスは海外でも人気があり需要があります。どんなに走行距離が伸びていても高価買取できるモデルなので、絶対に廃車や下取りには出さないで欲しいですね。今回の幼児バスのボディは割と綺麗でしたが、フロントに事故・修復歴が見つかり、その他にパワステの異音やオイル漏れがあり減点となりました。車内もシートの破れ、天張りの汚れ、ハンドルのすれなど目立ち、内装評価も減点となりましたが、エンジンは特に問題はなく、走行できる車両でしたので、車両の状態は良くありませんでしたが、海外で大人気の為、高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは62万円で査定させて頂きました!

2022年5月24日:本日、査定してきたハイエースは平成2年12月登録のU-LH125Bです。乗車定員が15人乗りのハイエースコミューターですね。走行距離は約19.2万キロでマニュアル5速車です。この情報だけで海外では激アツ車両です。どんな状態でも不動車でも買取値が付きます。今回の車両状態は右リアとリアゲートに大きな凹み傷があり、リアの下部には腐食穴が見つかりました。他にもバックパネル、第一メンバーに歪みが見つかり事故歴の評価になりましたが、エンジン自体は何も不具合なく好調でしたので、高額査定をさせて頂きました!

こちらのハイエースバンは55万円で査定させて頂きました!

2022年4月18日:本日、査定してきたハイエースは平成9年11月登録のKC-LH125Bです。走行距離は26.4万キロで15人乗りのハイエースコミューターですね。こちらはディーゼルでハイルーフのモデルです。シフトは海外で大人気のマニュアル5速!今回のオーナー様は送迎用として使用されており、ボディは比較的キレイな状態で、目立つダメージは無く、車内もお客様を送迎する為、キレイに使用されてました。内外装は共にキレイだったのですが、下廻りのサビ、腐食穴が見つかり、こちらは減点となってしまいました。腐食穴の箇所や大きさにもよりますが、今回は腐食穴が小さかった為、そこまで大きな減点にはなりませんでした。

こちらのハイエースバンは56万円で査定させて頂きました!

2022年3月24日:本日、査定してきたハイエースは平成7年12月登録のU-LH125Bです。走行距離は25.3万キロで15人乗りのハイエースコミューターになります。今回のオーナー様は民宿の送迎バスとして使用されており、ボディには民宿のステッカーが貼っておりました。ステッカーではマイナス査定になる事はありませんが、ステッカーが多いとマイナスになる事もありますね。ボディの状態はとても綺麗に手入れをしている車両で、小キズ程度で目立つダメージは一つもありませんでした。車内も清潔を保っており、状態は良かったのですが、下廻りとホイールに錆と腐食がありました。使用している地域にもよりますが、今回は海側で使用されていた車両したので、錆・腐食が多く見られ、大きく減点となりましたが、こちらは海外で大人気の型式ですので、高価買取させていただきました。

こちらのハイエースバンは38万円で査定させて頂きました!

2022年2月24日:本日査定してきたハイエースは平成9年4月登録のU-LH125Bです。こちらの型式はハイエースコミューターという車名になります。15人登録でしたので中型免許が必要な車両ですね。今回は旅館の送迎バスとして利用されてる車両でした。走行距離は約10万キロでシフトはマニュアル5速になります。ボディは年式の割に非常に綺麗で目立つダメージはありませんでした。車内も非常に綺麗で、お客様を送迎するので常に綺麗にしていたとのことでした。内外装ともに素晴らしい車両でした。ただ一点、下廻りの錆が出ておりましたので多少減点となりましたが、海外では大人気の型式なので高額買取提示をさせて頂きました!

こちらのハイエースバンは88万円で査定させて頂きました!

2022年1月26日:本日査定してきたハイエースは平成4年12月登録のU-LH125Bです。今回はキャンピング登録のハイエースコミューターです。走行距離は22万キロでマニュアル5速車です。年式は古いですが、エンジンの調子も良くコンディションは良かったです。ただ、内外装はそれなりの使用感はありました。キャンピング車はどんな状態でも海外輸出であれば高価買取が可能な車両です!この型式のエンジンだけでも価値があるので、不動車でも買取可能な車両ですね。今回のキャンピング車はルーフキャリアやリアラダー、ソーラーパネル、地デジチューナーなど装備しており、充実した内容のキャンピング車でしたので年式は古いですが高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは65万円で査定させて頂きました!

2022年1月12日:本日査定してきたハイエースは平成9年11月登録のKC-LH125Bです。走行距離は26.7万キロ走っている15人乗りのマイクロバスになります。海外では大人気の型式なので車両状態に関わらず高価買取できる車両ですね。今回の車両はリアに事故・修復歴が見つかりました。修正箇所はバックドアの交換、Rパネル歪み修正、Rフロア歪み修正、右Rインパネの修正です。その他にもボディに大きな凹み傷も数箇所あり状態は良くない車両でしたが、この型式はマニュアル車のディーゼルなので海外では大歓迎です!

こちらのハイエースバンは68万円で査定させて頂きました!

2021年12月3日:本日査定してきたハイエースは平成2年5月登録のU-LH125Bです。走行距離12.1万キロの色は白で、15人乗りのマイクロバスです。LH125Bは旅館や民宿などの送迎バスとして利用されてることが多く、今回も旅館の送迎バスして利用されてました。15人乗りなので運転をするには中型免許が必要になります。また、LH125Bはマニュアル車の設定のみの車両なので、海外では特に人気の高い型式です。今回は送迎バスとして利用されていたので、ボディの状態は良く、大きなダメージはない車両でした。送迎バスは大切なお客様を乗せるため、ボコボコの状態だと印象が良くないので割と綺麗な車両が多いのも特徴としてあります。しかし、今回の車両は下廻りの錆が多く腐食している箇所も所々ありましたので、減点の対象となってしまいます。

こちらのハイエースバンは45万円で査定させて頂きました!