ハイエース型式LH186Bの買取相場・買取事例についてまとめていますLH186Bのボディ幅は標準、長さはスーパーロング、ルーフはハイルーフになります。エンジンは排気量3000cc、エンジン形式5L、直列4気筒SOHCの4WDディーゼル車です。LH186Bはハイエースコミューターという車名で、ハイエースのマイクロバスとして生産されたモデルで、15人乗り登録の場合は普通免許では運転できない車両になります。LH186Bは1998年(平成10年)~2004年(平成16年)頃まで生産しており、グレードはDX、GL、ウェルキャブ(福祉車両)があります。

ハイエースコミューターLH186Bスペック

ハイエースコミューター
型式:LH186B
排気量:3000 CC
幅:標準
長さ:スーパーロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料:軽油
駆動方式:4WD

ハイエースLH186Bの査定事例

2022年1月11日:本日査定してきたハイエースは平成13年10月登録のKG-LH186Bです。走行距離は約32.5万キロの色は白で、15人乗り登録の車両です。今回は料亭の送迎バスとして使用されており、お客様の乗せる為、車内は比較的綺麗な状態でした。ボディの方は大きなキズ凹みは無かったのですが、左のスライドドア下部に腐食穴が見つかり減点となりました。腐食穴に関しては海外でもマイナスになってしまいますが、その他の状態はとても良かったので高評価させて頂きました!

こちらのハイエースバンは50万円で査定させて頂きました!

2021年12月7日:本日査定してきたハイエースは平成15年1月登録のKG-LH186Bです。走行距離30.2万キロの色は白で、15人乗りのハイエースコミューターです。LH186Bは旅館や民宿などの送迎バスとして利用されてることが多い型式です。今回の車両はボディの傷凹みはあまりなく、パット見は綺麗な車両でしたが、リアに修復歴がありました。リアゲート交換、右クオーターパネル交換、右リアインパネのヒズミがあり、俗に言う事故・修復歴車に値します。事故・修復歴車は修復箇所によって査定価格が変わります。フロント事故・修復歴の場合はエンジンや電装系が廻りにあるので査定評価は下がりますが、サイドやリアの修復歴はフロント事故よりも査定評価はまだ良い方です。車両がパット見で奇麗な車両は割と修復歴が潜んでいる可能性が高く、中古車購入の場合も気にして見た方が良いと思います。今回はフロント事故ではなく、リア事故の修復でしたので、出来る限り査定評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは38万円で査定させて頂きました!