ハイエース型式TRH223Bの買取相場・買取事例についてまとめていますTRH223Bのボディ幅はワイド、長さはスーパーロング、ルーフはハイルーフになります。エンジン排気量は2700cc、エンジン型式は2TR-FE、直列4気筒DOHCの2WDガソリン車です。TRH228Bはハイエースコミューターという車名で、ハイエースのマイクロバスとして生産されたモデルです。15人乗り登録の場合は普通免許では運転できない車両になります。TRH228Bとは2WDか4WDの違いだけで、2005年(平成17年)~現在(令和3年)までマイナーチェンジを繰り返し生産してる車両です。グレードはDX、GL、ウェルキャブ(福祉車両登録)もラインナップされております。

ハイエースコミューターTRH223Bスペック

ハイエースコミューター
型式:TRH223B
排気量:2700 CC
幅:ワイド
長さ:スーパーロング
ルーフ:ハイルーフ
燃料: ガソリン
駆動方式:2WD

ハイエースTRH223Bの査定事例

2022年1月14日:本日査定してきたハイエースは平成20年7月登録のCBF-TRH223Bです。走行距離は約35万キロでオートマの色は白です。今回は車両はお仕事で毎日使用されており、高速走行が多いので距離が伸びてしまったとの事でした。マメにオイル交換はしていたようでエンジンの具合はバッチリでした。乗車定員は車検証では15人と明記してますが、10人分の座席を外して使用されていました。その10人分の座席はどうやら破棄してしまったとの事で査定評価としては大きく減点となりました。座席は絶対に破棄しないよう気をつけてください!査定ではかなり重要です。今回は走行距離も伸びており、座席も無いということで減点にはなりましたが、それでも海外では人気の車ですので精一杯頑張りました。

こちらのハイエースバンは40万円で査定させて頂きました!

2021年12月7日:本日査定してきたハイエースは平成21年9月登録のCBF-TRH223Bです。TRH223Bはワイドのハイルーフ車ですので、送迎バスや福祉車両などに利用されていることが多い型式で、今回は園児バスとして利用されている車両の査定です。海外でも園児バスは需要はありますが、査定価格としては普通の15人乗り登録の方が高いです。走行距離は10.1万キロでAT(オートマ)で、車体色は白と赤のツートンカラーにされており、園児バスなので特徴のある車両となっておりました。査定ポイントしては車内の園児シートの破れや汚れです。園児バスは内装の状態で査定評価が変わりますので、注意ポイントですね。査定前に清掃した方が良い印象を与えられるのでオススメします。ボディは細かい凹み傷などは全体的にはありましたが、目立つキズ・へこみのダメージはなく、全体的にコンディションが良かったので高評価させて頂きました。

こちらのハイエースバンは63万円で査定させて頂きました!